転職は新たな自分を見つけるチャンスの天職探し

転職をするということは、非常に労力がいるもので、働きながら転職活動を行う場合には精神的にも肉体的にもつらく、転職活動を諦めてしまう方もいらっしゃるかもしれません。
私の場合は、大学卒業後に保険の営業マン→飲食店経営→沖縄で放浪生活→高校教員と何度か転職を行っております。正直、年齢を重ねていくうちに、転職することによって今の自分の生活が崩壊してしまい、もう表の舞台には立つことなく、一生涯アルバイト生活になってしまうのではないか、この日本の人材の海の中に埋もれてしまいのではないかという不安も感じた時期もありました。
しかし、自分の能力を信じて諦めずに就職活動をしていけば転職が天職にありつけるチャンスになる可能性もあります。私自身はというと、現在の教員という仕事は天職だと感じています。紆余曲折あって、この職に就くことができましたが、新しい職を見つけることができました。
転職をするにあたって大切なことは自分の武器は何なのかということの自己分析をすることが大切です。大学時代にはどのような勉強をし、そのような資格を取ったのか、また、その時期にどのようなアルバイトでそのようなスキルを磨いたのか、その磨いたスキルは他業界に生きることもしばしばあります。また、表面的に見えるスキルだけでなく、自分の内面の変化にも目を向けてみるといいです。現在やっている仕事で、今までは回りくどい言い方で要領の悪い作業やコミュニケーションを取っていたのでが、その職業のおかげで、端的にわかりやすく相手に物事を伝える力が備わっている場合もあります、大学時代ではうまくやりとりできなかった対人関係でのコミュニケーションもビジネス向けにコミュニケーションが取れる技術が身についているかもしれません。それは、言葉だけなく、メールもあそうかもしれません。メールでのやりとりがうまくできるようになっているということは、文章を論理的に筋道立てて構成する力が身についているのかもしれません。
このように様々な自己分析をして、自分の今持っているスキルを鑑みて、狭い経験だけの同業種だけでなく、この力はこの業界でも役に立つかもしれないと考えながら転職活動をしていくと思いもよらないチャンスに巡り合い、天職に結びつく可能性もあります。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

生活や仕事の制約があるからこそ、成長し続けられる

失業中に転職活動を行う場合、やはり生活費の工面が大変です。
失業給付が支給されたとしても期限がありますし、貯蓄を切り崩すのも限界があります。

私は何度か失業しながら転職活動を行ってきたので、これによってかなりのストレスを感じてきました。
毎回、十分な生活費があれば、もっと好きな仕事を探せるのにと思っていました。

その為、先に副業を決めてしまい、その後で本業を探したこともありました。
もしくはすぐに辞められるアルバイトをしながら、本業を探したこともあります。

しかし、このようなことをやっても本業を見つけることがなかなかできませんでした。
それは本業でも切羽詰まらないと仕事が決まらない、または決心がつかないということでした。

おそらく、有り余るような財産があり、一生働かなくても暮らしに困らない状態なら、私の場合は仕事をしなくなると思います。
それが自分の好きな仕事や転職だったとしても、怠けたり、サボりがちになってしまうかもしれません。

必要最小限度のお金を得る為に仕事で収入を得なければならないという気持ちがあるからこそ、より自分に合った仕事を見つけよう、長く続けられる仕事をしようと思えるのだと思います。

仕事も目標がないと続きません。
趣味で仕事をやっているわけでもありませんし、それがもし趣味でやっていて、辞めても特に支障はないようだったら、今のようにやりがいを求めた仕事をやっていこうとは思わなくなっていくのではないかと思っています。

仕事もある程度の制約があったほうが、その中で本気を出すことができます。
制約が強すぎると、ストレスが大きくなりすぎて、健康面に支障をきたしてしまいます。

その為、やはり適度なやる気の出る程度のストレスはある程度、仕事に於いてはあったほうが良いのではないかと思っています。
仕事で収入を上げていくためにも、どう売れば良いのかを考え、実行していくことも、何らかの目的があってこそできるものです。

生活や仕事の制約をマイナスと捉えずに、プラスに変えていくことができれば、何らかの良い結果を生むことができるのではないかと思っています。

産業医への転職

医師専門の転職エージェントにはわがままを

転職エージェントを利用する際のコツですが、こだわりの条件があるなら全てエージェントに伝えましょう。
その方がミスマッチなく転職先の企業を見つけ出すことができ、入社後に理想と違い戸惑うということがなくなります。
エージェントを利用するにあたっては、条件面に関してあまり口に出さない方も多いようです。

沢山条件を付けることで「わがまま」と思われてしまうことを恐れ、多少希望条件と異なる求人の紹介でも受け入れてしまう傾向にあります。

ですが、転職エージェントとは本来そうしたわがままに答えるための存在です。
条件面で譲れないポイントはドンドン主張すべきなのです。

転職する際に譲れない条件が10あるとして、その10の条件すべてを満たす求人は滅多に存在しないでしょう。
10個全部揃わないと転職しないと決めつけてしまっては、転職活動は膠着してしまうことは必至です。
それでも初めから諦めてはいけません。
10個の条件は全てエージェントに伝えるべきです。
10個全部当てはまる条件はなくとも、8個なら当てはまる求人が存在することもあるからです。
場合によっては、残りの2個の条件面も個別交渉でどうにかできるものもあります。
もちろんそれは条件面をすべて伝えたからこそできる話です。
求職者側が条件を伝えていなければ、交渉の場に立つことすらできません。
また、こだわりを伝えておくことは他にもメリットがあります。
エージェントは求職者側のこだわりについて知ることで、その人の性格面を知ることができます。
そして、その人の性格面にマッチした社風の企業を紹介してくれます。
その企業は自分がそれまで視野に入れてなかった業界の企業かも知れません。
転職エージェントのメリットは、個人だと狭まりがちな視野を広げてくれるところです。
思いもかけなかったような提案をしてくれるからこそ、利用価値があるのです。
わがままを言えば言うほどエージェントにとっては貴重な情報となり、提案のための材料となってくれるのです。
転職エージェントを利用するなら、遠慮はする必要がありませんよ。

転職を考える医師におすすめのサイト
医師転職サイトランキング2018|医師転職・医師求人・医師募集